2016.09.19 平成と昭和のあいだ
005-0001211.jpg
GRⅡ(モノクロHDR調エフェクト)

やっと涼しくなってきました、が台風が心配ですね。
そんなどんよりした今にも雨の降りそうな三連休の最終日、兵庫県立美術館で開催されている
【森山大道写真展「仮想都市~増殖する断片」】を見に行ってきた。
森山大道の膨大な作品群を「仮想都市」の構築という切り口で再編。神戸での撮り下ろし作品を
含む写真作品約120点、シルクスクリーン作品約30点、カルティエ現代美術館で展示した映像
作品などを紹介した展覧会(HP概要より抜粋)

1960年代から日本写真表現のトップランナーとして活躍されている写真家だから、「都市」のかっ
こよさやそんな写真に憧れを持つ写真好きの素人おじさんにとっては孤高の存在、・・・
「三沢の犬」と題された、不気味な目付きでこちらを振り返ってにらむ犬を撮った1枚の写真は、森
山大道のアイコンとして、誰でもが知っている・・・・といいながら実際の写真を展覧会で見るのは初めて。

一枚一枚の作品の圧が凄い。「わしがモリヤマや!」「これがわしや!」って感じ。
なんかこう、写真というカテゴリーで見てしまうにはもったいない気がした。写真による森山文学。
写真製版で製版されたシルクスクリーン作品が良かったな。微妙なトーンが削除されてしまっていて、
普段見慣れているモノクロ写真が単純な明暗表現に変換されているから、余計なものが目に入らず、
作家がその場で採取した場面をダイレクトに記憶に刻みこめる映像というか、そんな気持ちよさ。
だから、シルクスクリーンの作品群の対面に展示されていたカラーの作品が色がついているのに
かすんで見えた。それと、神戸での撮り下ろし作品群はたぶんデジタルエフェクトのモノクロHDR。
ちょっとやりすぎ?なんか素人っぽかったなー。(と思いつつ、見た後すぐにGRⅡでやってしまった)
最後はカルティエ現代美術館で展示した映像作品の再現。撮影した日を時系列で展開する縦画
4面の連続させたスライドショー。1968年に創刊され、たった3号で終わった写真同人誌『provoke』
(プロヴォーク)へのレクイエム?いや、中平卓馬へのレクイエム。中平卓馬のまなざしを森山がトレ
ースした感じ。この作品もシルクスクリーン作品に似て微妙なトーンをじっくり見れるわけでもないの
で、フラッシュバックな印象。それが良かった。

なぜ、「平成と昭和のあいだ」か?
この展覧会を見て、森山は平成になった今も、良い意味で、昭和のギトギトした時代を引きずってい
るような気がしたから。それは、レンズを向ける対象がそうなのか、それとも出力された映像処理が
そうさせるのか、そのどちらでもあるようにもおもわれるが、ある意味、昭和生まれのおじさんにとっ
ては、「男はつらいよ」や「水戸黄門」を見るときの安心感のような、定型化された森山文学を読む安
心感みたいな展示だった。ただ一つだけ、平成的作品があったとすれば、それは会場のど真ん中に
置かれていた体長30センチほどの小さな「三沢の犬」の布製フィギア。
これ、(http://daido-kobe.com/2016/08/27/に掲載されている写真観てください)。純粋な作品なの
か、それとも販売目的に作られたものなのか謎。その本気かおちゃらけかわからないあいまいさが、
今の時代的(平成的)でおもしろかった。


Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2499-da3bdea0