2016.10.14 染みついた臭い
9月24日に国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区が整備され開園されたのをご存じだろうか?
1983年に石室内の彩色壁画のひとつである玄武が発見されて、世間や学会から注目を集め、その後、調査
修復を経て、キトラ古墳壁画保存管理施設(キトラ古墳壁画体験館四神の館内)を中心として、その一帯が
公園として開園したのです。そのキトラ古墳壁画が一般公開されているのを知って見学に行ってきました。

こういうたぐいのモノは、展示室で、レプリカだのビデオ映像や原寸大写真なんかを見学して、なんとなく
見た気になって帰ってくることはあったのだけれど、今回のように「期間限定」「ほんまもん」ともなると、
ありがたみがわく。で、ありがたく約10分、現在修復が完了している石室の天井(天文図)、南壁(朱雀他)、
西壁(白虎他)をガラス越しに見学させてもらったわけですが、石室からはぎ取られ、一枚のフレスコ画
(漆喰に描かれているから)として見るしかないから、色顔料や金泥が長い年月が経っても残っているのを
見ることができた、というしょうもないことには感心はしたが、展示室にあった石室のレプリカ(内部も再現さ
れている)に較べると、見た目には、1300年もの月日が経ったリアリティを感じることはできなかった。
そこで、アタクシは無理やくたにリアリティを感じようと、ガラスに近づいて臭いを嗅いでみると、洞窟なんかで
臭うカビ臭い石の臭いがふとした。ふとした気がしたのでもう一度臭ってみるとやっぱりそのような臭いがする。
「おお、これは1300年のあいだに石室壁画に染みついた臭いだ」と確信したアタクシは隣にいた連れ合いに
「・・・・のような臭いしない?」と問うてみると、「しないよ、きっと周りにいる人達の加齢臭よ」(確かに見学に
来ていたのはアタクシのような世代の人ばかりだ)と一蹴されてしまった。諦めきれずに、近くにいた関係者に
問うてみると「そんなことはありません」とニコニコしながら全否定され、アタクシの1300年のリアリティの思い
はあっという間に砕け散ってしまった。

絵画としては繊細な線描が印象的で、筆を用いた絵画手法が技術的に完成されていて、人間の手業は古代人
だろうが現代人だろうが大差ないんだな-、と感心した。できることなら、1300年前のできたてほやほやの石室
内を再現してくれたブツを見てみたいとも思った。
今回の公開は第一回。第二回、三回とありそうなので、興味のある方はぜひどうぞ。
そして、もし、「1300年のあいだに石室壁画に染みついた臭い」を感じた方はご一報ください。(笑)

005-0001222.jpg
展示室にあった石室のレプリカ、公開されている壁画は当然撮影禁止です
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2501-e166ccd8