2016.10.21 信ずる者は救われる
005-2106.jpg

東京写真美術館で開催されている杉本博司の「ロストヒューマン」を観た。
会場を二つに分けて、本題の「ロストヒューマン」と、新作の「廃墟劇場」と「仏の海」を別会場で展開する
構成だった。「海景シリーズ」を観てからの杉本写真のファンとなったワタクシ。本題の「ロストヒューマン」は
フランスで開催された記事を美術手帖で読んで予習していくほどの力の入れよう。その期待感はこれまでの
展覧会とは気合の入れようも違うというもの。気合を入れていた割には、和歌山の田舎からのお上りさん、
会場入口がわからず迷ってしまって、入口にたどり着くまで疲れてしまった。

さすが世界の杉本。見学者の年齢層や国籍もバラエティに富んでいて、平日だというのに結構な混みよう。
さて、展覧会の構成は<今日 世界は死んだ もしかしたら昨日かもしれない>という一文を軸に文明の終
焉を妄想した33のショートストーリー。インスタレーションという美術表現ではあるが、素人さんにはそんなこ
とは分からない。平たく言えば、風化したトタンをパーテーションに使って廃墟風にした小部屋に、骨董蒐集
で集めた物品と自作品をレイアウトした展示、と言ってもいい。こんなことを書けば身もふたもないが、現代
作家の中で、最もポピュラリティのあるアーティストとして認めざるを得ない見ごたえのある展覧会だった。
「最もポピュラリティがある」とはどういうことかというと、アートを見る、という体験の少ない人にとっても、退
屈しない飾り方をしているし、日本人は日本人として興味を引く内容だし、外国人にとっては「異文化」を見ら
れる魅力があるし、観ながら、いつのまにか現代社会の危うさを感じさせる社会性もあるアートだし、杉本の
「趣味のよさ」や彼の集めた骨董品の貴重さに感心させられるし、もちろん杉本写真の現物を庶民が見られ
る大変貴重な機会でもある・・・という、見に来た人間すべてに行き届いた配慮がされた意味で「最もポピュラ
リティがある」展覧会と表したい。もう、まったく世界をまたにかけたアーティストのエンターテイメント魂。
なにより、小難しいコンテンポラリアートを優しく提示し、誰でもが楽しめるところが凄い。
もしかしたら、事前に何も予習せずに見に行く方がインパクトが強いかもしれない。

この「ロストヒューマン」が今回の展覧会の第一部だとすると、「廃墟劇場」と「仏の海」は第二部だ。
実はアタクシの本当の目的はこの第二部。特に「仏の海」の実物を見たかったのだ。
体育館の広さのある会場を斜めに仕切り、入口付近に展示された9点の新作「廃墟劇場」と対をなすように、
その裏に展示されていた三十三間堂の千体仏を撮影した「仏の海」には静かに感動した。
第一部が人気なのはわかるが、第二部のこのスペースは閑散としていて、入ってきた人も足早に通り過ぎて
いく。人気の少ない暗がりの中のほのかなライティングに浮かび上がる千体仏は、「平安人が見たであろう
千体仏を、現代によみがえらせる」という杉本が試みたその仏の姿がそこにあった。アタクシは杉本博司の
作品に感動したのではなく、末法の世に出現した千体仏に感動したのだ。

今、この記事の参考にと美術手帖のサイト(http://bitecho.me/2016/09/02_1127.html)を読んでいると、
「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」でキーワードとされている33という数字はこの三十三
間堂から引用されている。杉本はこの作品について「滅亡の33話を3階で見て、実際に滅びていく姿を2階の
『廃墟劇場』で見て、裏側を見ると千体仏が待っている。救われて帰っていただくということです」と構成の狙
いを明かした。・・・という記事が目に留まった。
いや、まいった。してやられた。アタクシは杉本博司に救われたのだ。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2503-40bb0899