2016.11.17 エンスーになりたい
突然ですが、アタクシ、「エンスー」になります。

エンスージアスト(enshusiasut)、熱狂的な支持者。略して「エンスー」
イラストレーター、故・渡辺和博氏が、月刊誌として発行されていた二玄社の自動車雑誌「NAVI」に
執筆していたコラムのなかで自動車趣味の人を表現する言葉として発明された「エンスー」。
アタクシはその「エンスー」になりたいと常々思っていた。そして、常々思いながら四半世紀。
ついにそのチャンスが巡ってきた。「エンスー」になれるかもしれないチャンス。
しかし、「エンスー」になるには熱狂的な物品が必要である。つまり、趣味的な自動車ね。
趣味的な自動車であるからには、新車で買えて、普通に乗れて、経済的で、故障もしないで
楽ちんに運転できる自動車なぞは「エンスー」な人が運転する自動車ではない。「エンスー」は
苦労を苦労とは思わない。苦労を楽しめてこそ「エンスー」である。よって、中古で、マニュアル
ミッションで、二人乗りで、修理しながら使う覚悟で手に入れなければならない。そして、運転す
ることが最高に楽しい自動車でなければならない。アタクシにとってその自動車とは?
rordsutar001.jpg
これです、1989年、9月1日に発売された「ユーノス・ロードスター」 。エンスーの間ではNAロードスター。
去年のモデルチェンジで4代目、NDロードスター。初代がNA,2代目がNB、3代目がNC。
NDロードスターを試乗して、そしてホンダのS660にも試乗して、やっぱり欲しいライトウエイトスポーツカー。
別名オープンツーシーター。この夢を山の神に相談すると「良いわよ」の天女のような優しいお言葉。
アタクシは天にも昇る思いで、友人の紹介で知った自動車屋さんに相談し、現在物色中。
さて、アタクシは「エンスー」になれるのでしょうか?もう、ワクワクドキドキの毎日です。

画像は発売当時、カタログに掲載されていたBow氏の描いたロードスターのイラスト。カッコイイイイイ!

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2508-4a975b3b