2016.12.05 ロードスターがやってくる
写真趣味は横に置いておいて、ここ数週間は自動車趣味。
まあ、当分の間、車の話ばかりになるのはご容赦願いたい。
古いスポーツカーが欲しい、古いフィルムカメラが好き、ていうのは懐古趣味?
いや、こういう古い「昭和」の機械モノを使いながら、そして昔あこがれた機械を使ってみたいと思う気持ちに、
懐古趣味だけではない実はマジで思っていることが一つあります。それは脳みそを活性化させたい、老化さ
せたくない、身体をもっと使いたいという思いです。時代はどんどん自動化に邁進しています。今まで、人が
やっていたこと、やらなければならなかった事をどんどん機械に考えさせ、やらせる。人は極力身体を使わず
とも目標を達成できる。そんな時代になりつつある。だから「身体の変わり」を機械に頼って生活している、
身体を使わないことが幸せであるかのように。アタクシはそうではないような気がするのです。例えばね、蒸
気機関車ってあるでしょう。あれって一人じゃ運転できないんです。一台の機械を動かすのに人間二人必要
なんです。だから、運転中に「ポケモンGO」なんて絶対できない。とにかく、運転手と助手は機関車が走ってい
る限り、身体をフル活動させる、「ヒマ」じゃないんです。自動化が進むと人間ヒマになります。だったら別のこ
とをしようと。だから、運転中に「ポケモンGO]をやるんです。人の行動としてはまともです。(叱られて当たり前ですが)

マニュアルミッションの車を運転するには、エンジンの力をタイヤに伝達するために、ニュートラルの状態から
クラッチペダルを少しずつ離しながら繋がなければなりません。そういう足の動きを意識しないと車は発進しな
い。ミッションとエンジンの関係を脳みそで理解し、身体を上手く使わないと動かない。つまり、無意識では車は
動かない。必ず、身体の感覚が介在する。これってすごく大事なんじゃないか、と思うのです。オートマチックの
ツーペダルだと無意識操作で急発進の確率は高い。だって、ほとんどが「アクセル」と「ブレーキ」を間違えた、
っていう言い訳なんだもの。マニュアルミッションだとどうだろう?そうならないんじゃないかなー。

もうすぐ、赤いロードスターがやってくる、それはマニュアルミッションだ。
安楽ではないことは確かだ。でも、安楽を選ばなかったのは「楽しい」を自分で選んだんだから仕方がない。
「安楽」な道を選ぶのはまだ早い。というか、「楽しい」を選べる最後の年齢だと思うから。
日常で使うのには疲れるんだろうなー、坂道発進プレッシャーかかるなー・・・、実車を見ればテンション上がる
・・・か?それとも、プチレストアする時間と費用を疎ましく思うか?なんて、今ちょっとナーバス。
まあ、新車を待つウキウキ感は今はない。これが、「エンスー」になるための通過儀礼か?


Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2510-a6ec0611