2017.01.09 壮大な実験(笑)
005-0254.jpg
FUJI X-E1 with XF35mmF1.4 R

今日、高速道路を走っていると、ボタッと上から何か落ちてきた。同乗者がたまたまセンターコンソール
の灰皿の中に落ちたそれを見て「ビスだよ」と。どこから落ちてきたのかというと、幌をたたむときにつかむ
凹みのパーツを止めているビスだった。たぶん、走行中の振動で緩んできていたのだろう。
先日記事にした壊れたジッパーといい、ウオッシャーノズルの台座といい、使えば使うほど壊れていく。
頭の中を横切ったのは、走っていると幌が外れ、フロントフェンダーが外れ、ドアが外れていく悲惨なロード
スターのお姿(お前は、ハウルの城か)

新車だと許しがたいこれらのことも許してしまうほど、とても楽しい車生活を送っているが、ただ、不安要素
もある。それは自分の体がこの車についていけるだろうか、という不安だ。なにより予想していた以上に
NVHが体に堪える。まあ、25年前のスポーツカーだから当然なんだろうけれど、半日使って帰ってきたら、
なんか体がだるい。ミッションを操作する左肩もパンパンにこっているし、口の中が荒れて痛い。
正月疲れ?ならまだいいが、どうなんだろう?まあ、前の車と違って、操作が手動で慣れていないことと
(シフトアップはできるんだけれど、シフトダウンするの忘れるんだよねー)いい気になって走りまくっている
からそうなるんだろう。けれど、連れ合いの7年落ちの軽自動車を運転すると「ああ、なんて楽ちんなんだ」
と思う今日この頃。
果たして我がロードスターは、「昔憧れたスポーツカーを、今、おじんが無理せず普段使いすることができ
るか」という壮大な実験(笑)のサンプルとして成り立つのかどうか、結論出すのはまだまだこれからだな。


Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2520-0e580490