2017.05.15 難解さを楽しむ
005-0010232.jpg

国立国際美術館で開催されている「ライアン・ガンダー ― この翼は飛ぶためのものではない」という
展覧会を観に行ってきた。ライアン・ガンダーとは「誰だ?」
作者は、1976年イギリスに生まれ、母国とオランダで美術を学び、2000年代初頭から世界各地で
個展を開催するとともにドクメンタなど著名な展覧会にも参加してきたコンセプチュアル・アーティスト。
日本では初個展だそうだ。いやー、コンセプチュアル・アートちゅーのは本当に難解じゃのー。

まず、「コンセプチュアル・アート」ちゅーのはなんぞや?という話ですが・・・・
Weblio 辞書によると、1960年代以降の現代芸術の潮流の一。作品における物質的側面よりも観念性・
思想性を重視し,記号・文字・パフォーマンスなどによる表現を目指す芸術。・・・だそうな。
まあ、ワタクシが最も尊敬する芸術家、マルセル・デュシャンがそうですわな。だから、この作家もこの
流れの中にいるわけですから、ワタクシは即座に「面白かったよー」とか、「良かったよー」という感想を
述べるべきなのでしょうが、実はそんなに簡単に理解できない。つまり、わからない。わからないから、
事前に入手したテキストに書かれている「題名」を確認しながら作品を見る、という非常に時間をかけて
ゆっくりと観ないと、その「良さ」というか作者が言わんとしていることがこちらに伝わってこない難しさ。
仮に、題名を知ったとしても相手は外国人。日本語の題名は「翻訳」だろうから、奥に潜む真意のほども
すべてわかるわけではない。情けないのー。(翻訳本を読んでいるときの違和感に似ている)

005-0010222.jpg

デュシャンも初見ではなーんもわからなかった。「こいつは何かおもしろいこと考えているぞ」という曖昧な
興味から、自伝や研究本を読んだり、今まで日本で開催された回顧展やら公立美術館にある所蔵作品を
何度も見て、やっと自分なりにデュシャンの脳みその中を解釈したような気になっている。だから、この作
家の作品も今回の展覧会だけじゃ、なんか消化不良な感じ。かといって、これからも注目したいか、といえ
ば、残念ながらそうでもない。そうでもない理由は、こっちが歳をとりすぎた。情けないことに脳みそが固ま
ってしまっているから柔軟に対応できない。脳裏に浮かぶ言葉は「次世代」。そういえば、見学者のほとん
どが、すべてと言っていいぐらい作者と同年代か、それより下の年齢。小難しい理屈など、どこ吹く風。
きゃっきゃしながら楽しんでいる若い女子の二人連れの姿を見ているとなんだか羨ましく、本来の美術を
愛好する姿に感じられた。
あ、そうそう、楽しめるっていう意味では、「あまりにも英国的というわけではないが、ほぼ英国的」という作
品や「僕はニューヨークにもどらないだろう」という作品は楽しめた。どんな作品かは言わないが、能動的に
鑑賞しさえすれば、必ずそばにいる監視員の人と会話ができる(笑)。もしかしたら、このような表現がコン
セプチュアル・アートの醍醐味かもしれない。それに、作品を観る前に、作者がインタビューを受けながら
自作品を解説しているビデオを流しているので、それを見てから会場を回る方がより楽しめるかも・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2528-8f5a13d6