--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.07.01 天平の柔らかさ
IMG_022601.jpg
i Phone+

「出かけよう、日美旅スペシャル 奈良 美仏の都へ」で紹介された聖林寺にある国宝、十一面観音像です。
美しいプロポーションだこと。
天平時代の仏像彫刻といえば、阿修羅像を代表とする興福寺にある仏像群。
どれも美しく、何度見ても飽きのこない造形は、当時の仏師たちのリアリティの追求から生まれたもので
あろうことが、想像できます。しかし、そのリアリティは西洋彫刻のコチコチの大理石を刻んだ彫刻にはな
い、木心乾漆で成形された、木くずと麻布の柔らかさが、観る者の心を優しく包み込むのでしょう。
この十一面観音像の美しさも、2メートルはあろう高さの大きなお姿にもかかわらず、決して人を圧倒する
事もなく、「お慈悲」という言葉が相応しい佇まいでした。
お寺の場所は、紅葉で有名な談山神社へ奈良市内から行くルートの手前、桜井市内を一望できる山の
中腹にある観光ルートから外れた静かな場所。まさに、そんな場所にひっそりと安置されている秘仏です。
ちなみに、観音像の画像は「あの」入江泰吉が撮影した写真をポストカードにしたもの。

IMG_0226.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2532-fff0ac9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。