2017.07.11 情緒と論理、または記憶と記録
NSphoto.jpg

二人の写真家の写真集をほぼ同時に手に入れた。
ひとりは、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980
年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。
かたや、1960年代より活躍した戦後日本を代表する写真家、中平卓馬(1938-2015)。制作と批評を両
輪とする当時センセーショナルを巻き起こした活動を展開し、途中、薬とアルコールで記憶を失うも、復
活した日本の現代写真に大きな影響を与えたひとり。

ふたりの作品を見比べると「情緒と論理」、「記憶と記録」。
ソール・ライターの作品はジャポニズム。大胆な構図は浮世絵に由来する。そこに、印象派から派生し
たナビ派のおしゃれさが加わり、使うレンズは中望遠。まさしく「絵画」的にニューヨークという都市を
大胆に切り取る。都市に住む人にこそ撮れる画像だ。構図といえば巨匠ブレッソンだが、彼の完璧な画
面構成は「一瞬」の凄みがあるが、この写真家は一呼吸おいたショット。凄みはないが情緒がある。
だから、どこかで見た情景の記憶として共感できる。そこが良い、フレンドリー。
ワタクシはこの絵画的な情緒感に惹かれてこの写真集を手に入れた。

中平卓馬の写真集は生前最後に訪ねた沖縄の作品集。中平は森山らと開発した「アレ・ブレ・ボケ」の
情緒感たっぷりの表現を自ら完全否定した。以降、その表現を封印し、深い被写界深度で「そのもの」
を標本するかのように画像を残した。「そうすべきである」という論理が先に来ている。視線の標本。
掲載されている画像は、中望遠のレンズで撮影された左下がりの情緒感ゼロの縦画画像。
「うん、沖縄で撮った写真だね」としか言いようのない、他者にとっては共感しづらい画像ばかり。
これもまた、写真。カッコいい。クール。
この写真家の残した視線を、ワタクシは「買うべきである」と思ってこの写真集を手にいれた。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2536-8dc9e7f1