--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.08.21 ちょっと聴いてみな
カバーアルバムってよくあるじゃない?
ある歌手が歌った曲を、別の歌手がアレンジ変えて歌うやつ。あれ、結構好きなんだよね。
外国のヒット曲を日本人が歌って大ヒットすることもあるよね。(西條秀樹のYMCAとか・古!)
「ほう」と感心したのが、ジャズピアニスト、ビル・エバンスのオリジナル「ワルツフォーデビー」を
歌った土岐麻子。キュートな声質がこの楽曲にピッタリ。
ジャズっていう音楽を聴いていると、その曲の良さもさることながら、その曲をどう解釈して演奏
するかっていうところが大変興味深く、所謂「カバーしている」なんていうことにはあんまり興味はない。
しかし、今回ご紹介するのはウェザーリポート(以下WR)の「カバーアルバム」それも極上。
「ACOUSTIC WEATHER REPORT」 クリヤ・マコト,納浩一,則竹裕之で編成されたピアノトリオの演奏。

awr.jpg

1曲目のキャノン・ボールから エレガント・ピープル、ハヴォナ、お前のしるし、パラディアム、
ティーン・タウン、ヤング・アンド・ファイン、バードランドとWRファンにはドンピシャの選曲。それを
サックス抜きのトリオ演奏でやっちまった。それも、バリバリのアコスティック。
で、ただのカバーではありません。(ただのカバーは原曲を忠実に再現したがる)
これらの曲をモチーフにした3人のインプロビゼーションが半端ない。アドリブの嵐、原曲を残し
つつの即興。原曲を知っているファンは、改めてWRって良い曲作ったんだなーと感心しつつ、
このトリオの力量に圧倒されるだろうし、初めて聴く人にとっても馴染みやすいメロディと迫力に
圧倒されるんじゃないかなー。
いやいや、「カバーアルバム」なんて言い方失礼なほどJAZZ。もっと聴いてみたいなー。
(第2弾なんて出ないかなー)
演奏者を全く知らないで買ったけれど、ジャケット中の3人のポートレイトを見て納得。
ワタクシと同じフージョン世代のおじさんたちじゃない、ワタクシたちWRファンのことわかってらっしゃる。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2543-50c6e061
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。