2015.03.14 今やアクションあるのみ
アタクシは西洋絵画にも日本絵画にも、そしてコンテンポラリーアートや写真作家にも興味があります。
そして毎年、たぶん月に一回ぐらいは興味のある展覧会を見に行きます。
しかし、唯一まったく興味がない展覧会は、美術団体が主催する公募展です。
タレントの○○さんが、△△会に出品して入選したとか、○○さんは毎年入選していたので、
無審査になっただとか、たまに芸能ニュースなんかで報道される、あんな公募展です。
あれって、必ずと言っていいほど組織的で、ヒエラルキーがあって、作品の良し悪しじゃなくって
どれだけその組織に染まっているかどうかで評価が下る。(と、アタクシは感じています)
それは、若い時に一度だけ、そんな展覧会を見に行って反吐が出るほど、アタクシには
合わないと思った経験からです。もう、どの作品も、表面的で、内容的にも、考え方もおんなじ
なんですもの。なんか他力本願で無責任な感じがしたんだろうな。

そんな既成から外れた、表現の形はどうあれ、「創る自由」や「個人の考え」が、エネルギーとして
作品の中に充填されているような、全くの自己責任でフラットな、とても魅力的な展覧会がありました。
(アタクシが美術に関心を持ったころには、その「噂」しか情報としてなかったですが)
故・赤瀬川原平の著書「反芸術アンパン」に、その展覧会の記録が書かれています。

「アンパン」って「あんパン」でもシンナー遊びの俗語でもないです。「読売アンデパンダン」のことです。
「読売アンデパンダン」とは1949年から1963年まで、東京、上野の美術館で開催されていた
読売新聞が主催する、どんな人でも作品を出品し、展示できる無審査の展覧会の事です。
原平さんはこの展覧会に作品を出品していた芸術家だったのです。そしてこの著書は、自らが参加していた
この展覧会とはなんだったのかという、氏の記憶と記録と調査によって書かれた展覧会の記録です。
あのー、この展覧会のことを語りだすと、もう色々大変ですから、詳しくはこの本を読むのが一番ですが、
ネットで画像を検索すると、この展覧会に出品された作品の特異性がイメージできると思います。

... 続きを読む
2015.03.09 残念なお知らせ
002-8700.jpg
FUJI X-E1 with Voigtlander NOKTON 50 mm F1.5

(株)美術出版社(資本金6600万円、千代田区五番町4-5、代表大下健太郎氏)と
関連の(株)美術出版ネットワークス(資本金3000万円、新宿区市谷本村町2-19、同代表)の2社は、
3月4日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した・・・そうな。

「美術手帖」どうなるんでしょうね。
コンテンポラリーアートに特化しちゃってるからなー。(それがウリなんだけれどね)
たまに、フレンドリーな企画もやってるけれど、テキストが難しくってさ、読むのに苦労するよね。
「美術手帖」は買ったり買わなかったり、立ち読みしたり。もう40年の付き合いなんだけれどね。
これ、無くなっちゃったら、アートのトレンド情報が手に入らなくなるじゃない。
「みずゑ」どうなっちゃうんだろうね。
ほとんど買わなくなっちゃったなー。
高級な美術雑誌って感じだったなー。

「芸術新潮」は会社が違うから、まだ大丈夫だよね。
この間も、原平さん特集だったから、即買いした。

会社倒産=廃刊になっちゃうのかなー。それだけは・・・。
2014.09.27 青木まりこ現象的本屋さん望む
一昨日、関西ローカルのTV番組(ビーバップハイヒール・朝日放送)で「街の小さな本屋さん」を
クローズアップした内容が放送されていた。そこでは大阪の小さな出版社140Bの中島淳社長を
ゲストに迎え、大阪近郊の個性的な本屋さんのあたたかなエピソードを紹介していた。
噂に違わず、小さな本屋さんは苦戦しているようだ。
大都市はまだ良い。古くからある小さな本屋さんが、大型書店やネット販売に押されながらも、
特徴のある営業努力で頑張っているし、若い世代が個性的な本屋を始めている。
田舎はどうだ?なんかの雑誌の本屋特集で見かけたが、鳥取だったか島根のほう、新しく
本屋を経営しようとする人たちが、御教授願おうと日参するほど営業成績の良い本屋もあるという。
和歌山市(私が生れた街ね)の実情はどうなのか?と、悲観的見知で調べてみると・・・・
この街は和歌山県の県庁所在地。江戸時代には御三家のひとつである紀州徳川家が治める
紀州藩の城下町として栄え、面積は県の面積の約4%ほどだが、県人口の約40%、約37万人が
暮らして中核市に指定されている・・・・という規模の街・・・・・
Mapion電話帳に「書店」として登録されている電話番号は全部で37件、そのうち大型チェー
ン店、視聴覚メディアのレンタルもしている書店は11件、和歌山県書店商業組合に加盟してい
る、所謂「本屋」は13件、あとの13件はよくわかんない。

・・・・市内に13軒の本屋さん・・・・多いの?少ないの?
実感として言わせてもらうと、少ないと思う。それに「魅力的な」という修飾語がつく本屋さんは
私は知らない。「個性的な」になると、ほぼ・・・ない。
「魅力的な」という修飾語は人それぞれだから、「あるよー」と言う和歌山市民の方がいらっしゃる
かもしれない。「個性的な」という修飾語も個人の趣味趣向が優先するから、「アニメ系ならあるよ
ー」とおっしゃる方がいらっしゃるかもしれない。しかしである・・・
... 続きを読む
2014.09.17 理屈で処理すると腹も立たない、他
内田樹氏の【おじさん的思考】が非常に面白かったので、続けて【街場の現代思想】を読んでいる。
タイトルが肩っ苦しいけれど、全然肩っ苦しくはありません。世の中の腹立たしい事や、モヤモヤな
トピックスを(といっても、一昔前の出来事ですが)理論的に、かつ軽く噛み砕いてお話してくれると
いう、とても優しい本です。そして読んでいるとすっきりする。
なぜかというと、おじさんになればなるほど、世の中は腹立たしく、モヤモヤしたことが増えてきて「昔
の方が良かったんじゃないの?」と、精神が後退していく。しかし、そいうマイナス思考というか現実
逃避的引きこもり思考も、内田氏の、視点を変えたラジカルな理論を読んでいると、腹立たしいことも、
モヤモヤ事も、落ち着いて分析すればたいして腹も立たない、ということがわかる。これはある意味
おじさんのための処世訓だ。

その他・・・・
最近写真を撮っていない。ワタクシは写真を撮っていないと、写真の勉強をしたくなるようで、写真関
係の本を2冊買った。ひとつは【写真家・東松照明 全仕事】展 の図録。去年か一昨年、名古屋市美
術館でやっていた展覧会の図録だ。沖縄をモチーフにした一連の写真が気に入っている。
なんといっても印象的なのが、1971年に波照間島で撮った海の上に浮かぶ雲の写真。なんてことの
ない斜めに傾いだ構図の、空に浮かぶ雲と海を収めた写真だけれど、なんか良い。
もう一冊は、IMAの最新刊。特集が【写真とテクノロジー】。気になるじゃない?デジタル技術がここまで
世の中を席巻すると、写真の世界も変わってくる、というか、写真でどんなことができるんだろうって。
もう一つが【子どものための写真学校】って特集。著名な作家を通して、現代写真を知る、って感じ。
あ、そうそう、今一番気にいっているのが、JAZZRADIO.com ってサイト。ジャズだけを流している
サイトで、ジャンル分けされていて、そこをポチっとすると曲が流れる。ワタクシのお気に入りはピアノ
トリオ。今も聴きながらこれを書いている。ながら族って知ってる?「○○しながら○○する」っていう
人達のこと。昔はラジオを聴きながら勉強したもんだ。だから、昔に戻った気分。なんか良い。

2014.09.10 スーパーエッセイ、FOREVER
このブログの名前「わしらは怪しいカメラマン」は、椎名誠のキャンプエッセイ?、『わしらは怪しい探検隊』を
拝借したのはご存知だろうか。(一番最初の記事に書いたんだけどなー、もうはるか遠い昔のこと)
このエッセイに描かれた世界は、私にとってはユートピアに思われ、数えてみると、氏の青春時代を
小説化した名作『哀愁の街に霧が降るのだ』や、1979年のデビュー作『さらば国分寺書店のオババ』から
10年間、1990年の『小さなやわらかい午後』までの著作52作品中、43作品を読んでいた。
当時は、もう、本当に好きで好きで新刊が出る度に買って読み漁ったなー。
(氏の著書に『もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵』というのがあるが、私は「もだえ苦しむ誠中毒」であった)

なぜ、今こんなことを書いているかというと、まあ、最近ご紹介する写真がないこともあるのですが、
とんと最近買わなくなってしまった(といっても年に2~3冊は読んでいますが)氏の著作を、久しぶりに
読み終えて、なんだか感慨深かったから。買って読んだのが『さらば新宿赤マント』
これは、週間文春に1990年から2013年3月まで、通算1126回連載されていた「風まかせ 赤マント」とい
うエッセイを単行本化したシリーズ24作目にして最終作。(すごい!)
このシリーズ1作目の表題が『ひるめしのもんだい』。 (良い題名だ)。全シリーズを買って読む、という
根性がなかったのは、さすがに飽きちゃったからかなー。(椎名さんゴメンナサイ)

このエッセイはエッセイと言っても氏の日常を週一で綴ったものだから、語弊があるかもしれないが、
週に一回更新する氏のブログみたいなもの。最近どうしているのかなー、と思って読んでいると、
ネットミュージアム「椎名誠 旅する文学館」というサイトを開設していることが書いてあった。
(といっても、本人はまったくパソコン音痴だからスタッフが頑張ってつくったらしい)
・・・・で、閲覧してみると、氏の今までの膨大な功績?が、「おお!」というほど見ることができる。
特にシイナマニアが(私のことね)泣いて喜ぶのが「椎名誠の仕事 聞き手 目黒考二 」というところ。
氏の盟友にして書評家の目黒考二(北上次郎)が、氏との対談形式で、椎名作品すべてを論評する企画。
私は一気に読んでしまったね。おもしろい ・・・・ 真面目に論評しようとがんばってる目黒氏と、
それにたいして軽いフットワークでかわす椎名、時々昔話に花が咲く ・・・・・いいなー、二人の関係。
別の項では全作品を知ることができ、著者自身の解説(思い出話)も載っている。その中には、私の
知らないおもしろそーな題名の作品がわんさかある。久しぶりにシーナワールドにずっぽりはまりたくなってきた。

作家生活45年、現在、著作数228冊(数え間違いがなければ)、本人は粗製濫造作家とおっしゃっていますが、
私は氏の作品に出会えたから、文章を読むだけではなく、書く楽しみを知ることができたんだなー、と、今あらた
めて感じているとともに、椎名誠の作品を紹介してくれた大学時代の友人に感謝。

ところで、シーナファンの方々、デビュー当時、一世を風靡した「スーパーエッセイ」って、「驚異的な」っていう意味
じゃなくって「スーパーマーケットみたいなエッセイ」って言う意味だって知ってた?わたしゃ、知らなんだ。