2015.03.25 トレースする人
002-8952.jpg

「浄瑠璃寺の春」のトリビュートというより、トレースした、と言う方が正しいかもしれない。
堀辰雄は春以外にもこの地を訪れている。
「樹下」という文章に・・・・・
 その藁屋根(わらやね)の古い寺の、木ぶかい墓地へゆく小径(こみち)のかたわらに、一体の小さな
苔蒸(こけむし)た石仏が、笹むらのなかに何かしおらしい姿で、ちらちらと木洩れ日に光って見えている。
いずれ観音像かなにかだろうし、しおらしいなどとはもってのほかだが、――いかにもお粗末なもので、
石仏といっても、ここいらにはざらにある脆(もろい)焼石、――顔も鼻のあたりが欠け、天衣(てんね)な
どもすっかり磨滅し、そのうえ苔がほとんど半身を被(おお)ってしまっているのだ。右手を頬にあてて、頭を
傾かしげているその姿がちょっとおもしろい。一種の思惟象(しゆいぞう)とでもいうべき様式なのだろうが、
そんなむずかしい言葉でその姿を言いあらわすのはすこしおかしい。
・・・・・という部分があるが、これはこの周辺に点在する石仏を見て歩いた様子だ。

アタクシはこの日、できるだけこの山里の古い記憶を訪ねようと試みた。それが今回の目的の一つだ。
作家の足跡をトレースし、山道をのんびりと歩きながら、今はもう散策コースのメインスポットにもなっ
ている石仏を自分の視点を交えて撮影した。昨日の記事に載せた画像は、作家が「見たであろう情景」を
イメージして撮影したものを抜粋したものだ。
見るものの形は、作家が訪ねた昭和初期とは様相が変わっているけれど、この土地の穏やかさや、
春の陽気のほのぼのした木々の様子は何も変わっていないんじゃないか、と思いながら・・・・。

002-8998.jpg

2015.03.25 道すがら、ひとり思索する
002-9045.jpg 003-8987.jpg 002-8958.jpg 002-9057.jpg
2015.03.25 トリビュート浄瑠璃寺の春
浄瑠璃寺の春

 この春、僕はまえから一種の憧れをもっていた馬酔木(あしび)の花を大和路のいたるところで見ることができた。
 そのなかでも一番印象ぶかかったのは、奈良へ著(つ)いたすぐそのあくる朝、途中の山道に咲いていた
蒲公英(たんぽぽ)や薺(なずな)のような花にもひとりでに目がとまって、なんとなく懐かしいような旅びとらしい
気分で、二時間あまりも歩きつづけたのち、漸(やっと)たどりついた浄瑠璃寺の小さな門のかたわらに、丁度
いまをさかりと咲いていた一本の馬酔木をふと見いだしたときだった。
 最初、僕たちはその何んの構えもない小さな門を寺の門だとは気づかずに危く其処を通りこしそうになっ
た。その途端、その門の奥のほうの、一本の花ざかりの緋桃(ひもも)の木のうえに、突然なんだかはっとする
ようなもの、――ふいとそのあたりを翔かけ去さったこの世ならぬ美しい色をした鳥の翼のようなものが、自
分の目にはいって、おやと思って、そこに足を止めた。それが浄瑠璃寺の塔の錆さびついた九輪くりんだった
のである。
 なにもかもが思いがけなかった。・・・・・

002-9052.jpg
FUJI X-E1 with XF35mmF1.4 R
... 続きを読む
2015.03.17 教養の楽しみ
002-8784.jpg
FUJI X-E1 with E・Zuiko Auto-S 38mm f2.8

夜の宴会で本好きの方と話す機会があり、話の流れで仏教についての本の話になった。
その方は、とある哲学者の名前を出しながら、その学者の流れをくむ別の学者の本を貸してくださった。
その話を同僚にすると、彼もさっそく宗教を理解するうえでの基礎的な本を貸してくれた。ありがたいことだ。

なぜ、そんなことになったかというと、アタクシは仏教について、ほぼ無知だからだ。
仏教にほぼ無知なアタクシが今読んでいる本が、折口信夫と堀辰夫の奈良の寺社仏閣、およびそこに安
置されている仏像を訪ねる「旅モノ」のエッセイ。温かくなったら、この二人が訪ねた場所を訪ねたいと思
っているのだ。しかし、読んでいても、ちんぷんかんぷんなのだ。
まあ、奈良の神社仏閣は事あるごとに行っているので、ビジュアル的な部分は読んでいて想像できるのだけれど、
建立の背景だとか、意味や、例えば、阿弥陀如来に対する当時の人々の思いなんて、こちらは仏教的教養がない
から、作中にそんな深い意味が書いてあっても、作者の思いにほぼ共感できない。つまり、根本が解ってないと仏
像や仏閣の本当の楽しみ方がわからない、それに二人の作家の思いとも共有できない。
それじゃー、行っても面白くないでしょ?
堀口辰夫の「浄瑠璃寺の春」を体現したい。だから、仏教という宗教をもっと知ろうと考えたわけです。

2014.12.14 憧れの日帰りバスツアー
日帰りバスツアーというのに、一度参加してみたいと思っていた。
思っていたら外食チェーン店の抽選に当たって、願いがかなった。

午前8時。集合場所にバスが到着。どこからともなく参加者が集まってきてバスに乗車。
参加者41名。内訳はワタクシたちのような中高年の夫婦連れ7割、あとは親子連れ、中年女性グループといったところ。

バスは定刻に発車。とたんに隣の席の夫婦連れの奥さんがしきりに「○○ジュエリー、○○ジュエリー」と連呼している。
実はこのツアー、宝石店とタイアップしているツアーで、途中直売場へ立ち寄ることになっている。・・・というか、ツアーの
中で最も滞在時間が長いのだ。アタクシはそんなのに興味はないが、まあ、仕方がない、抽選に当たったんだから。
最初の目的地、「工業団地内」にある宝石工場に到着。
高木ブー似の添乗員が、「バスは出発時間ぎりぎりまでご乗車できませーん」と言って客を店内へ誘導した。
最初に通されたスペースはギャラリー。興味はないが綺麗な首飾りが飾ってあったので記念にと写真を撮ると、
マイクを使ってアタシたち集団に説明していた案内係の女性が「撮影は遠慮願ってます。撮った写真は削除して
ください」と、「マイクを使って」注意された。それなら最初に言えよ、と少しイラっとしたが仕方がない。
抽選で当たったツアーなんだから。会議室みたいな場所で元気のいい女性店員の説明を全員で聞き、
店舗に入るが、こっちはまったく興味がないからそそくさと出口に向かう・・・が添乗員が言っていたように、
バスは目の前にあるが、ドアが閉まっていて運転手もいない。外で待つにも、殺風景な工業団地。時間つ
ぶしのコンビニが近くにあるわけでもなく、散歩するには寒すぎる。仕方がないので、Uターンして店舗に
逆戻り。敵もさる者・・・・アタシのような者まで囲い込んで、利益を得ようとする魂胆か?
まあ、仕方がない、抽選に当たったんだから。店の端っこに置いてあった椅子に座って静かに時が過ぎるのを待つ。

さて、こういうツアーで最も期待するのが昼食だ。
宝石店を静かにやり過ごし、走ること1時間。目的地の昼食会場へ。
団体専用のレストランらしく、もうすでに食事がセッティングされた席に着く。
目の前にある昼食は、何の変哲もない「天ぷら付きすき焼き定食」といったところだ。天ぷらは・・・もち
ろん冷めている。すき焼き肉は・・・・和牛だろうか?違う気がする・・・・。広いホールの衝立の向こうにも
食事席があり、別の団体がどやどやと入ってきた。アタシたちの団体は静かに食事が始まったのに対し、
あちらは添乗員が客になにやら色々と支持を出している。「食べ放題」だの「焼肉の肉は」だの、耳に入っ
てくる単語が妙に心に響く。衝立の向こうはその指示が終わった後、突然騒がしくなった。
こちらのアタシたちは、衝立の向こうを気にしながら静かに終わった。まあ、仕方がない、向こうは正規の
バスツアー、こちらは抽選で当たったバスツアー。贅沢は言うまい。

食事の後は観光だ。これも食事とともにツアーの楽しみのひとつだ。バスの中で観光地の地図をもらう。
アタシが興味を持ったのは「重要建造物保存地区」だ。ipad で検索し、到着前に下調べしていると、
高木ブー似の添乗員は「バスは造り酒屋の前で降ります。そこで、従業員の方のお話を聴いてもらって、
そのあと、自由行動とします。【重要建造物保存地区】に行かれると、集合時間に間に合わなくなるので
行かないでください。」 まあ、仕方がない、抽選に当たっただけだから。

この後、散策しながら無駄遣いをし、温泉で冷えた体を温め、予定到着時刻に遅れること数分で無事
帰途に就いた。全体的に「まあ、仕方ない。抽選に当たっただけだから」が充満したツアーだったが、
すべて人に委ねて行動する気楽さというか責任からの解放というか、また、行って見たいと思った。
ただし、ツアー内容を十分吟味し、正規の料金を支払って・・・・という条件が必要だが。

002-1629.jpg
Fuji FinePix X100 丹波篠山<にて