--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.07.11 情緒と論理、または記憶と記録
NSphoto.jpg

二人の写真家の写真集をほぼ同時に手に入れた。
ひとりは、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980
年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。
かたや、1960年代より活躍した戦後日本を代表する写真家、中平卓馬(1938-2015)。制作と批評を両
輪とする当時センセーショナルを巻き起こした活動を展開し、途中、薬とアルコールで記憶を失うも、復
活した日本の現代写真に大きな影響を与えたひとり。

ふたりの作品を見比べると「情緒と論理」、「記憶と記録」。
ソール・ライターの作品はジャポニズム。大胆な構図は浮世絵に由来する。そこに、印象派から派生し
たナビ派のおしゃれさが加わり、使うレンズは中望遠。まさしく「絵画」的にニューヨークという都市を
大胆に切り取る。都市に住む人にこそ撮れる画像だ。構図といえば巨匠ブレッソンだが、彼の完璧な画
面構成は「一瞬」の凄みがあるが、この写真家は一呼吸おいたショット。凄みはないが情緒がある。
だから、どこかで見た情景の記憶として共感できる。そこが良い、フレンドリー。
ワタクシはこの絵画的な情緒感に惹かれてこの写真集を手に入れた。

中平卓馬の写真集は生前最後に訪ねた沖縄の作品集。中平は森山らと開発した「アレ・ブレ・ボケ」の
情緒感たっぷりの表現を自ら完全否定した。以降、その表現を封印し、深い被写界深度で「そのもの」
を標本するかのように画像を残した。「そうすべきである」という論理が先に来ている。視線の標本。
掲載されている画像は、中望遠のレンズで撮影された左下がりの情緒感ゼロの縦画画像。
「うん、沖縄で撮った写真だね」としか言いようのない、他者にとっては共感しづらい画像ばかり。
これもまた、写真。カッコいい。クール。
この写真家の残した視線を、ワタクシは「買うべきである」と思ってこの写真集を手にいれた。

2017.07.10 彼女の居場所
007-64602.jpg
PLAUBEL makina 67

2017.07.09 澱む空気と、それさえない
img65001.jpg img64502.jpg
PLAUBEL makina 67

2017.07.01 天平の柔らかさ
IMG_022601.jpg
i Phone+

「出かけよう、日美旅スペシャル 奈良 美仏の都へ」で紹介された聖林寺にある国宝、十一面観音像です。
美しいプロポーションだこと。
天平時代の仏像彫刻といえば、阿修羅像を代表とする興福寺にある仏像群。
どれも美しく、何度見ても飽きのこない造形は、当時の仏師たちのリアリティの追求から生まれたもので
あろうことが、想像できます。しかし、そのリアリティは西洋彫刻のコチコチの大理石を刻んだ彫刻にはな
い、木心乾漆で成形された、木くずと麻布の柔らかさが、観る者の心を優しく包み込むのでしょう。
この十一面観音像の美しさも、2メートルはあろう高さの大きなお姿にもかかわらず、決して人を圧倒する
事もなく、「お慈悲」という言葉が相応しい佇まいでした。
お寺の場所は、紅葉で有名な談山神社へ奈良市内から行くルートの手前、桜井市内を一望できる山の
中腹にある観光ルートから外れた静かな場所。まさに、そんな場所にひっそりと安置されている秘仏です。
ちなみに、観音像の画像は「あの」入江泰吉が撮影した写真をポストカードにしたもの。

IMG_0226.jpg
2017.06.15 ひとこと言っておきたい
テロ等準備罪が深夜、可決された。
数の優位性を利用して強行採決するのは、多数決の論理の常套手段。政治の世界では、今までにも
数限りない法案が強行採決され、法律として運用されてきた。そして、私達は「ふーん、そうなの」と、
その法案に従ってこの国で生きてきた。このテロ等準備罪は様々な視点からの賛否両論。それも政治
家たち内側だけの議論で収まらず、議員以外の様々な職種、信条、思想を持つ人々がそれぞれに考え、
意見を述べられるほど突っ込みどころの多い、脆弱な、浅い考えの法案だ。賛否両論あるということは、
どのようにでも解釈できる法案だからだ。国会答弁をニュースの断片を見ていても、野党の質問に対し
ても、答えになっていない答え、いや相手を尊重しない意思疎通を欠く(というか能力のない)答え方で、
少し冷静に考えれば大人の会話じゃない。そんなあやふやな議論しかできない法案が、安保法案に続
いてワタシ達の未来を決定づけることとなった。ワタシクシは「これはいかがなものか」と思っている。

大事なのは「国」じゃなくて「民」だよね。政治家は我々「民」のために政治という仕事をしてほしいよね。
この法案が、一人の政治家が歴史に名を残すための思惑で動いている、という低俗なものではない、
と百歩譲って言わせてもらうと、今の政権は「民」じゃなくて「国」のために動いている
・・・・お国のために。
そう、我々「民」は、プライバシーや信条や思想を、お国のために捧げなければならなくなる
・・・かもしれない。ワタクシは「ふーん、そうなの。それでもいいですよ」・・・・とは思わない。

007-2239.jpg


2017.06.08 ホモサピエンスも困りもの
007-2268.jpg
Fuji FinePix X100

我々「ホモ・サピエンス」は「想像する」ことができるが、他の人類(たとえばネアンデルタール人)はそれが
できない、つまり、ホモ・サピエンスが他の人類に対し優位性を発揮できたのは、想像力のおかげであると
いう説。「認知革命」というそうです。先日、我々「ホモ・サピエンス」と他の動物との決定的な違いは何か、
ということを、おもしろおかしく解説してくれていた深夜のバラエティ番組で知ったことです。

だから、目の前で起こっている現実の世界だけでなく、主観的な世界(妄想でもある)、それも大勢の人が
共有する『共同主観的』な想像の世界にも暮らせるようになった。それが、伝説や神話、神々、宗教を生み
出し、それを共有する者なら誰もが柔軟に協働する能力を獲得した・・・・そうです。

番組を見ていた最初、「なるほどねー、そうだよねー芸術がそうだもんねー、やっぱホモ・サピエンスって
偉い!」なんて思っていたんだけれど、それが、それ以外のこと、例えば貨幣経済や国境、宗教対立なんて
いう、現代人が抱えている問題のすべてが、ほぼこの「想像力」があるがための問題でもある、ということが
解ってきて、いつのまにやらホモ・サピエンスはこの想像力による虚構に縛られた世界で生きてるんだなー、
となんだか空しくなってきた。空しくなったついでに、ニュースを賑わしている様々な政治的トピックを遠目に
見ていると、そのほとんどが、権力を手に入れた者の主観的妄想と、それに忖度して出世しようとする者や、
儲けようとする輩と、その反対勢力のごく私的な虚構世界に、我々が踊らされているような気がしてため息し
か出ない。いや、そんなことを言っている場合ではない。
今こそこの社会を、こんなくだらない妄想から現実世界に引き戻さなければ、とんでもない未来になってしま
うのではないか、と「想像力」を働かせなくてはならない、と想像してしまうわけです。

2017.05.15 難解さを楽しむ
005-0010232.jpg

国立国際美術館で開催されている「ライアン・ガンダー ― この翼は飛ぶためのものではない」という
展覧会を観に行ってきた。ライアン・ガンダーとは「誰だ?」
作者は、1976年イギリスに生まれ、母国とオランダで美術を学び、2000年代初頭から世界各地で
個展を開催するとともにドクメンタなど著名な展覧会にも参加してきたコンセプチュアル・アーティスト。
日本では初個展だそうだ。いやー、コンセプチュアル・アートちゅーのは本当に難解じゃのー。

まず、「コンセプチュアル・アート」ちゅーのはなんぞや?という話ですが・・・・
Weblio 辞書によると、1960年代以降の現代芸術の潮流の一。作品における物質的側面よりも観念性・
思想性を重視し,記号・文字・パフォーマンスなどによる表現を目指す芸術。・・・だそうな。
まあ、ワタクシが最も尊敬する芸術家、マルセル・デュシャンがそうですわな。だから、この作家もこの
流れの中にいるわけですから、ワタクシは即座に「面白かったよー」とか、「良かったよー」という感想を
述べるべきなのでしょうが、実はそんなに簡単に理解できない。つまり、わからない。わからないから、
事前に入手したテキストに書かれている「題名」を確認しながら作品を見る、という非常に時間をかけて
ゆっくりと観ないと、その「良さ」というか作者が言わんとしていることがこちらに伝わってこない難しさ。
仮に、題名を知ったとしても相手は外国人。日本語の題名は「翻訳」だろうから、奥に潜む真意のほども
すべてわかるわけではない。情けないのー。(翻訳本を読んでいるときの違和感に似ている)

005-0010222.jpg

デュシャンも初見ではなーんもわからなかった。「こいつは何かおもしろいこと考えているぞ」という曖昧な
興味から、自伝や研究本を読んだり、今まで日本で開催された回顧展やら公立美術館にある所蔵作品を
何度も見て、やっと自分なりにデュシャンの脳みその中を解釈したような気になっている。だから、この作
家の作品も今回の展覧会だけじゃ、なんか消化不良な感じ。かといって、これからも注目したいか、といえ
ば、残念ながらそうでもない。そうでもない理由は、こっちが歳をとりすぎた。情けないことに脳みそが固ま
ってしまっているから柔軟に対応できない。脳裏に浮かぶ言葉は「次世代」。そういえば、見学者のほとん
どが、すべてと言っていいぐらい作者と同年代か、それより下の年齢。小難しい理屈など、どこ吹く風。
きゃっきゃしながら楽しんでいる若い女子の二人連れの姿を見ているとなんだか羨ましく、本来の美術を
愛好する姿に感じられた。
あ、そうそう、楽しめるっていう意味では、「あまりにも英国的というわけではないが、ほぼ英国的」という作
品や「僕はニューヨークにもどらないだろう」という作品は楽しめた。どんな作品かは言わないが、能動的に
鑑賞しさえすれば、必ずそばにいる監視員の人と会話ができる(笑)。もしかしたら、このような表現がコン
セプチュアル・アートの醍醐味かもしれない。それに、作品を観る前に、作者がインタビューを受けながら
自作品を解説しているビデオを流しているので、それを見てから会場を回る方がより楽しめるかも・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。